トップページ > 地盤補強 > HySPEED工法

HySPEED工法(砕石パイル地盤改良)

営業案内

地盤補強営業案内

硬化剤を一切使用しない天然砕石のみを活用した地盤改良の新工法です。地震や液状化に強いだけではなく一般的なセメント柱状工法とは異なり産業廃棄物にならないので撤去費用はかかりません。さらに土壌汚染や環境破壊もなくCo2も削減できるので、住む人の健康被害を起こしません。HySPEED工法はあなたの地盤に対するお悩みをすべて解決します!

HySPEED工法 ■HySPEEDはここがちがう
地盤に孔(あな)を堀り、天然砕石を投入します。砕石を投入するごとに圧力をかけて、掘削した壁に砕石をくい込ませていきます。杭周辺の地盤も圧密が促進されるので、地盤全体がマイホームを支える強度を備えることになります。

砕石はリサイクル砕石ではなく、自然石から作られる砕石を使用しています。100%の自然素材と地盤の特性を上手く利用した、環境保全型地盤改良であり、お施主様の「健康」と「資産」を守るエコ地盤改良工法です。

カタログダウンロード

HySEED工法の特徴

HySPEED工法の詳細

HySPEEDの特徴

地盤のことなら私たちにおまかせください十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、砕石を使った地盤改良では大きな被害はありませんでした。大地震では図のように地層も境目に沿っ て、せん断力がかかります。HySPEED工法では砕石孔はせん断に対して追随することで孔自体の破損は起こりません。

また、砕意思パイルと現地盤で複合 的に面全体で建物を支えるので安定した強さがあり、地震の揺れによる共振をやわらげる効果があります。

HySPEEDの特徴

地盤のことなら私たちにおまかせください強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものです。液状化とは地下水位の高い砂地盤が、振動により液体状になる現象。これにより比重の大きい構造 物が埋もれ、倒れたり、地中の比重の軽い構造物(下水管等)が浮き上がったりします。

HySPEED工法の砕石杭は、それ自体が水を通すため、水圧を逃が す効果があります。何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減することができます。





HySPEEDの特徴

地盤のことなら私たちにおまかせください2003年1月1日より適用された土地評価に関する方針で土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無をチェックし、もし発見されれば、土墳汚染の浄化 費用や埋設物の撤去費用を差し引いて算定されることになりました。

しかしHySPEED工法は天然砕石のみを使用した地盤改良であり、地中の埋設物(産業 廃棄物)扱いにはならないので、不動産売買のときにも取り除く必要はありません。また将来、建て替えをすることがあっても、同程度の建物であればリユース することも可能です。つまり、繰り返し使えることで、地球環境にも優しく、さらに大切な土地の資産価値を下げることはないといえます。


HySPEEDの特徴

地盤のことなら私たちにおまかせください一般的な工法であるセメント安定処理を施すと、土中の三価クロムが発がん性物質である六価クロムに変わって流出する危険性があると指摘されています。 HySPEED工法では、セメントと土を混ぜるわけではないので 六価クロムが発生することは100%ありません。

また砕石しか使わないことより他の工法に比べCO2の排出を少なくします。平均的な住宅(建坪20坪程度)1戸分の施工で5,000kg削減します。まさに住まい手の健康と環境を考慮したエコ地盤改良工法です。


HySPEED工法の施工手順

地盤のことなら私たちにおまかせください1.HySPEEDドリルをセット
決められたポイントに直径40cmのHySPEEDドリルをセットします。一般的なドリルと違い先端部がピストンなのが特徴です。


HySEED工法の手順

HySPEED工法の施工手順2.地中3~4mまで堀減
HySPEEDドリルを回転させ、平均3〜4m(地盤によって異なります)まで地面を掘削します。この際に実際の土質を確認しながら行います。


HySEED工法の手順

HySPEED工法の施工手順3.天然砕石を投入
天然砕石を投入。直径2cm〜4cmの天然砕石だけを使用します。一般的な地盤補強にはセメント系などを使用することが多く、産廃棄物となりますが、本工法は天然素材を使用しますので将来取り除く必要がありません。

HySEED工法の手順

HySPEED工法の施工手順4.圧力をかけてパイルを形成
HySPEEDドリルを掘削の時とは逆に回転させ、天然砕石に圧力をかけながら砕石パイルを形成します。50cm単位で強度を確認しながら1本ずつ正確に施工します。地盤全体で強度を作り出します。

HySEED工法の手順

HySPEED工法の施工手順5.完成
砕石パイルの完成です。周辺の地盤へ食い込むためHySPEEDドリルの直径よりも大きく仕上がります。杭周辺の地盤も圧密が促進されるので、地盤全体がマイホームを支える強度を備えることになります。

HySEED工法の手順

HySPEED工法の施工手順6.強度試験の実施
改良工事の終了後に、設計荷重の3倍で平板載荷試験を行います。これにより仕上がりの強度が確認できるので、安心できます。また、保証会社の保証も受けられます。



お問い合せ

電話メール
有限会社サポートホールド
〒246-0025
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和西1-2-3-403

[営業エリア]
横浜市泉区にて営業しております。東京・神奈川近郊で、特に横浜市・大和市・藤沢市等の近隣地域は重点的に施行しています

サポートホールド営業項目

地盤補強工事
>>HySPEED工法(砕石パイル地盤改良)
>>PPG工法(鋼管地盤補強)

地盤調査
* スウェーデン式サウンディング調査
* ボーリング調査
* 平板載荷試験
>>地盤調査の詳細はこちら

PDFカタログダウンロード

カタログダウンロード 地盤お悩み相談※クリックするとPDF形式のカタログが表示されます

地盤お役立ちコンテンツ

地盤お悩み相談あなたの地盤に関する疑問やお悩みを解決します!!

外部リンク

    サポートホールドブログ
    ハイスピードコーポレーション
    シールドエージェンシー
    チームマイナス0