企業理念

サポートホールド代表取締役
近年、住宅においての地盤の重要性は、多くのご施主様にかなり意識づいているように思われます。だだしそれとは相反して実際の地盤診断及び地盤補強の必要性などの説明は十分にお客様に行き届いていないのが現状ではないでしょうか?私たちはこのホームページをステップにより近くでお客様の立場を理解しマイホームと地盤との関係をわかり易くご説明できればと思います。

住宅のすべては地盤から始まります。見えない部分だからこそ、優しさと真心を持って取り組むことが地盤とお施主様をつなぐ為の最大のお手伝いになると確信しています。私たちは安心できる地盤づくりの為に、あらゆる努力を惜しみません。

お客様の未来を考え、本当の満足と喜びを頂くために、誠心誠意をもって地盤改良に取り組んでいきます。地盤に関するお悩みや疑問があれば、どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいませ。

有限会社サポートホールド 代表取締役 田口浩之

サポートホールドの安全管理3ヶ条

形だけに終わらない、徹底した安全管理をサポートホールドはお約束します。 日々の業務における施工準備と危険情報の収集と共有、毎月の危険予知シミュレーション、そして全ての基礎になる人材育成が、サポートホールドの安全管理体制を作ります。



サポートホールド代表取締役

サポートホールドでは、資材や現場の準備・整頓を徹底し、事故のリスクを低減しています。しっかりとした準備ができていれば、現場に潜む危険も減り、またどこに危険があるかの予知も容易になります。逆に雑然としていれば、危険予知が困難になり、想定外への対処が増えることで事故の危険も高まります。

サポートホールド代表取締役

安全は、流れ作業に組み込まれた形だけ(作業としての指さし確認など)では担保できません。日々現場の中の「ヒヤリハット」はもち ろん、他社で起こってしまった事故例も収集し、営業も含めたスタッフ全員で共有しています。さらに毎月の会議では、日々の情報をもとに安全性や効率についてのシミュレーションを実施し、翌月には現場で実践しています。安全性の向上に常に努めています。

サポートホールド代表取締役

安全管理の要は「人間」です。プロとしての意識をもち、単なる作業と考えるのではなく「生きた仕事」として日々の業務をこなすことができているかが安全の鍵です。

「危険を感じた」、「ミスをした」など日常の細かいことをそのまま放置せずしっかりと報告・共有し、自らが対策を考えていくこと。そんなスタッフがサポートホールドを支え、新しいスタッフの人材の基盤になっています。 また、弊社施工スタッフが施主様やご近所様より、ご指摘やお叱りを受けた場合などには、その場で元請様に連絡・報告をし、すぐに対処をいたします。

地盤に関するどんな些細な事でもお気軽にお問い合せください

地盤に関するお悩みや疑問があれば、お気軽にご相談下さいませ。丁寧にご対応させていただきます。
メールでのお問い合せ、資料請求はこちらをご覧下さいませ。


お問い合せ

電話メール
有限会社サポートホールド
〒246-0026
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和南2-35-9

[営業エリア]
横浜市泉区にて営業しております。東京・神奈川近郊で、特に横浜市・大和市・藤沢市等の近隣地域は重点的に施行しています

サポートホールド営業項目

地盤補強工事
>>HySPEED工法(砕石パイル地盤改良)
>>PPG工法(鋼管地盤補強)

地盤調査
* スウェーデン式サウンディング調査
* ボーリング調査
* 平板載荷試験
>>地盤調査の詳細はこちら

PDFカタログダウンロード

カタログダウンロード 地盤お悩み相談※クリックするとPDF形式のカタログが表示されます

地盤お役立ちコンテンツ

地盤お悩み相談あなたの地盤に関する疑問やお悩みを解決します!!

外部リンク

    サポートホールドブログ
    ハイスピードコーポレーション
    シールドエージェンシー
    チームマイナス0