地盤補強

サポートホールド代表取締役
■最適の地盤補強工法をご提案します
直接基礎で対応できない場合は、地盤補強工事を行って建物を安全に支えなければなりません。ただし「地盤補強工事」といってもその種類は様々です。土質、建築物、経済性等のなどの観点から、施主様とご相談の上、最適な工法をご提案させていただきます。

■一般的な地盤補強の工法について
一般的に住宅に採用される地盤補強工事はセメント系固化剤で固めるセメント系地盤補強(ソイルセメント工法)と鋼管を圧入させる鋼管地盤補強(PPG工法)に分けることができます。そして近年、天然砕石を地中に埋設して圧力をかける砕石パイル地盤改良(HySPEED工法)も開発されました。サポートホールドでは「PPG工法」と「HySPEED工法」を実施しておりますが、施工前にはそれぞれのメリット、デメリットをしっかりとご説明させていただきます。

砕石パイル地盤改良(HySPEED工法)

砕石パイル地盤改良(HySPEED工法)HySPEED工法
硬化剤を一切使用せず、代わりに軟弱な土を掘り、砂利を詰め込むことにより固い地盤をつくる工法です。天然砕石だけを使っているので将来、撤去がいらず、土地の価値を下げない上に健康被害を起こさないエコ地盤改良です。
詳細はこちら


鋼管地盤補強(PPG工法)

鋼管地盤補強(PPG工法)PPG工法
鋼管を地盤に回転圧入し、支持地盤に着低させる工法です。鋼管杭工事は地下水や土質などの影響を受けにくく、軟弱層が10mを超える場合などでも対応できます。サポートホールドが長年培ってきた技術で、施工には絶対の自信をもっています。
詳細はこちら


セメント柱状工法

セメント柱状工法軟弱地盤の土にセメントミルク(セメント系固化材と水を混ぜたもの)を注入攪拌して、地中に柱状の改良杭をつくる工法。

※サポートホールドでは施工の対応はしておりません。




お問い合せ

電話メール
有限会社サポートホールド
〒246-0025
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和西1-2-3-403

[営業エリア]
横浜市泉区にて営業しております。東京・神奈川近郊で、特に横浜市・大和市・藤沢市等の近隣地域は重点的に施行しています

サポートホールド営業項目

地盤補強工事
>>HySPEED工法(砕石パイル地盤改良)
>>PPG工法(鋼管地盤補強)

地盤調査
* スウェーデン式サウンディング調査
* ボーリング調査
* 平板載荷試験
>>地盤調査の詳細はこちら

PDFカタログダウンロード

カタログダウンロード 地盤お悩み相談※クリックするとPDF形式のカタログが表示されます

地盤お役立ちコンテンツ

地盤お悩み相談あなたの地盤に関する疑問やお悩みを解決します!!

外部リンク

    サポートホールドブログ
    ハイスピードコーポレーション
    シールドエージェンシー
    チームマイナス0