地盤調査

サポートホールド代表取締役
■あなたの土地の地盤は大丈夫ですか?
もしもあなたの家が地盤地下などによる家の傾き、基礎や外壁のひび割れなど、欠陥住宅であることが判明したらどうしますか?実はとても残念なことですが 「時すでに遅し」なのです。

人間でいう骨格にあたる柱や基礎などの「構造材」は簡単に交換したり、修復したりできないからです。またそのような家は地震に も弱く、住んでいる人の命を守る役割を果たせません。本来住宅が持つべき一番大切な機能を失っているといえるでしょう。そんな欠陥住宅とならないためには 「地盤調査」を実施して適した基礎の形を選ぶ必要があります。

■欠陥のない住宅建築は「正しい 地盤調査」から始まります
地盤調査(じばんちょうさ)とは、構造物などを立てる際に必要な地盤の性質や強度を把握するための調査をすることです。平成12年(2000年)の法改正 により、事実上、地盤調査は義務化されました。それにより地盤沈下などによるトラブルは減少傾向にありますが、残念ながら100%無くなくなってはいない のが現状です。消費者の権利意識が高まり、これまでなら泣き寝入りしてきたようなトラブルが表面化してきています。欠陥のない住宅建築は「正しい 地盤調査」から始まるといっても過言ではありません。サポートホールドでは地盤改良業務のひとつとして地盤調査を行います。

地盤調査

スウェーデン式サウンディング調査(日本工業規格 JIS A1221)

スウェーデン式サウンディング調査 【特徴】
スウェーデン式サウンディング調査は、北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用し、その後普及 した調査を、1954年頃建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されるに至っています。比較的安価なので小さい土地でたくさんのポイントのデータを収集できます。住宅の地盤調査で最もよく使われる方法です。日本工業規格に基づいた機材と作業手順に従って調査を行います。

【調査方法】
先端にスクリューポイントを取り付けたロッドの頭部に1.0kNまでの荷重を加えて、ロッドの貫入量を測ります。貫入が止まったら、ハンドルに回転を加えて地中にねじ込み、25cmねじ込むのに要した回転数を記録します。この結果をもとに地盤の強度を判断します。

ボーリング調査(日本工業規格 JIS A1219-1995)

スウェーデン式サウンディング調査 【特徴】
ボーリング孔を利用して、ロッドの先端に直径5.1cm、長さ81cmの標準貫入試験用サンプラーを付けたものを、質量63.5kgのハンマーで75cm の高さから自由落下させ、サンプラーを30cm貫入させるのに要する打撃回数N(N値)を測定する試験です。ビルなどの重量物を立てる場合などに用いられ ます。標準貫入試験(土の強さを調べる試験)と併せて実施され、他の調査よりも正確なデータが得られます。


スウェーデン式サウンディング調査 【調査方法】
対象深度まで掘削した後、試験用サンプラーをロッド先端に接続し、孔底に降ろし、予備打ちによりサンプラーを15cm貫入させます。その後、質量63.5±0.5kgのドライブハンマーを76±1cmの高さより自由落下させ、本打ちを行います。
ボーリングロッド先端に取り付けた標準貫入試験用サンプラーを地盤に30cm打ち込むのに要する打撃回数が、N値として記録され、打撃回数が50回を越えても30cm貫入しない場合は50回で終了とし、貫入量の記録とともに終了します。






平板載荷試験(日本工業規格 JIS 1521-1995)

【特徴】
平板載荷試験は、基礎を設置する深さまで掘削を行い、基礎に見立てた小さな鋼板(載荷板:直径30cmの円盤)を置いて実際の建物の重量に見合う荷重をか けて沈下量を測定し、地盤が安全に支持する力を判定する試験です。住宅から中・高層建築まで、規模に関係なく用いられます。現地盤に直接重みをかけて、荷 重と沈下の関係を測定することができます。

平板載荷試験

平板載荷試験 【調査方法】
原地盤に剛な載荷板を設置して荷重を与え、この荷重の大きさと載荷板の沈下量の関係から、地盤反力係数や極限支持力などの地盤の変形、支持力特性を調べる試験。1段階を30分として、計画最大荷重を5〜8段階に等分し、荷重を段階的に載荷します。構造物の直接基礎の設計等に利用され、基礎地盤の支持力特性を検討するために実務的に多用されています。

お問い合せ

電話メール
有限会社サポートホールド
〒246-0026
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和南2-35-9

[営業エリア]
横浜市泉区にて営業しております。東京・神奈川近郊で、特に横浜市・大和市・藤沢市等の近隣地域は重点的に施行しています

サポートホールド営業項目

地盤補強工事
>>HySPEED工法(砕石パイル地盤改良)
>>PPG工法(鋼管地盤補強)

地盤調査
* スウェーデン式サウンディング調査
* ボーリング調査
* 平板載荷試験
>>地盤調査の詳細はこちら

PDFカタログダウンロード

カタログダウンロード 地盤お悩み相談※クリックするとPDF形式のカタログが表示されます

地盤お役立ちコンテンツ

地盤お悩み相談あなたの地盤に関する疑問やお悩みを解決します!!

外部リンク

    サポートホールドブログ
    ハイスピードコーポレーション
    シールドエージェンシー
    チームマイナス0