地盤のお悩み相談

地盤のお悩み相談トップ > 地盤調査 > ボーリング試験じゃなくてSS試験でも大丈夫ですか?
■ご質問

ボーリング試験じゃなくてSS試験でも大丈夫ですか?

地盤調査はボーリング調査でなく、スウェーデン式サウンディング試験で行うと施工会社から連絡が来たのですが、問題ないでしょうか。

木造住宅建設に先立つ地盤調査を以下の理由からボーリング調査でなく、スウェーデンサウンディング方式で調査を行うと施工会社より連絡がありました。
・比較的高地にあたる
・関東ローム層のエリアにあたる

上記理由は妥当な理由なのでしょうか。
この場合、ボーリング調査でなく、スウェーデンサウンディング方式で必要十分なのでしょうか?

なお、建設予定は木造3階建てです。よろしくお願いします。

■回答

・ボーリング試験(標準貫入試験)とは、一定の過重及び一定の高さから自由落下による打撃を与え、規定の試験機がどれだけの深度を貫入したかによって地盤の硬さを調べるものです。
・ボーリング試験(標準貫入試験)では、貫入層の土質も目視及び室内試験によって詳しく調べることが出来るものでもあります。

・SS試験(スウェーデン式サウンディング試験)とは、一定の加重を掛けた試験機(スクリューポイント)を回転させ、25㎝貫入するために何回転するかを計測して地盤の固さを調べるものです。
・SS試験(スウェーデン式サウンディング試験)では、回転貫入時の音によって土質を推定しております、たとえばシャリシャリいう様なら細かい粒子の砂質土であるとか、ガリガリいう様であれば、粒の大きい礫質層である等、大よその推定が可能です。

ボーリング試験において打撃回数1回=N値という数値に変換し地耐力の計算をします。
変わってSS試験では、25㎝毎の回転数に計算公式を当てはめて換算N値に変換し地耐力の計算をします。

基本的概念においてSS試験とはボーリング試験の簡易な試験と思われがちですが、性質が全く違うため、計算式も変わってきてしまいます。

費用対効果としましても、
SS試験は1棟につき原則5ポイント(4つ角及び中央付近)の10m程度の調査で3万円~5万円程度が相場だと思われます。
ボーリング試験については、貫入試験が1mにつき1万円~2万円+土質試験や孔内載荷試験など別途費用が必要となります。

当件のように、一般住宅(木造3F)の新築工事において
硬質層の深さと中間層の固さを調べる為ならばSS試験で十分なデータは取れるといっても過言ではありません。
確かに、地盤補強工事が発生した場合には、ボーリング試験で土質も確実に調べておく事で、最適な改良工事を選択する事も可能であることから、一概には言えませんが、大半の地盤改良工事はSS試験のデータに基づいて設計及び施工されていますので、ボーリング試験ではなくSS試験で済ませることによって、大きな問題が発生してしまうという様なことはあまり無いと思われます。

←前のページへ戻る

お問い合せ

電話メール
有限会社サポートホールド
〒246-0026
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和南2-35-9

[営業エリア]
横浜市泉区にて営業しております。東京・神奈川近郊で、特に横浜市・大和市・藤沢市等の近隣地域は重点的に施行しています

サポートホールド営業項目

地盤補強工事
>>HySPEED工法(砕石パイル地盤改良)
>>PPG工法(鋼管地盤補強)

地盤調査
* スウェーデン式サウンディング調査
* ボーリング調査
* 平板載荷試験
>>地盤調査の詳細はこちら

地盤お役立ちコンテンツ

地盤お悩み相談あなたの地盤に関する疑問やお悩みを解決します!!

外部リンク

    サポートホールドブログ
    ハイスピードコーポレーション
    シールドエージェンシー
    チームマイナス0