地盤のお悩み相談

地盤のお悩み相談トップ > 地盤工事 > 地盤改良工事について
■ご質問

HMから契約後に地盤改良が必要だと言われ100~150万位かかると言われました。図面には地耐力50KN(5tf)/m2+拡底型鋼管杭139.8・T=4.5・L=3Mとあります。
ちなみに基礎は外周布基礎になります。これは本当に必要な工事なのかどなたかアドバイスをお願いいたします。

■回答

地盤改良工事が必要かどうかは地盤調査結果資料のデータによります。

契約前に地盤改良工事について『地盤調査後に必要/不要が確定する』という説明が本来あるべきですが、

契約⇒地盤調査⇒改良工事の必要/不要の判断

という流れは ごく一般的かと思われます。

3mの鋼管杭で100~150万という金額ですが、工法によって金額は変わります。
一般の鋼管杭打設工法でも、
・PPG工法(技術性能証明工法)
・ガイアパイル工法(国土交通大臣認定工法)
・一般鋼管打設工法
などなど、たくさんの工法が存在し、それぞれ単価も違います。

例え同じ工法だとしても、施工業者によってお見積もりも変わってきます。

そして、そこにハウスメーカーさんの仲介手数料が乗って、お施主様の元に提出されるわけです。

なので、この金額が妥当なのか?工事が必要なのか?
と言う様な事は、文章だけではご回答しづらいです。

疑いがある場合は別会社による審査を受けることをおすすめします。
工事会社や保証会社に直接資料をお見せすることになりますが、
心配事を解消する為には一度第三者の目を入れてみるのがいいのではないでしょうか?

←前のページへ戻る

お問い合せ

電話メール
有限会社サポートホールド
〒246-0026
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和南2-35-9

[営業エリア]
横浜市泉区にて営業しております。東京・神奈川近郊で、特に横浜市・大和市・藤沢市等の近隣地域は重点的に施行しています

サポートホールド営業項目

地盤補強工事
>>HySPEED工法(砕石パイル地盤改良)
>>PPG工法(鋼管地盤補強)

地盤調査
* スウェーデン式サウンディング調査
* ボーリング調査
* 平板載荷試験
>>地盤調査の詳細はこちら

地盤お役立ちコンテンツ

地盤お悩み相談あなたの地盤に関する疑問やお悩みを解決します!!

外部リンク

    サポートホールドブログ
    ハイスピードコーポレーション
    シールドエージェンシー
    チームマイナス0